• ホーム
  • アレルギーにはザイザルで対抗しよう

アレルギーにはザイザルで対抗しよう

葉の上にある花粉

アレルギーは、無害な物質に対して身体にある免疫が異常に反応することで起こるものです。症状としてはかゆみや湿疹、またくしゃみといったもので、目で起こると涙が出ますしかゆみも伴います。また鼻で起こればくしゃみや鼻水が出るようになり、皮膚ではかゆみと湿疹です。アレルギーは誰でもなる可能性があるものですが、症状がひどい場合には日常生活に支障を来すほどの状態になります。一方で、このアレルギーになる原因も複数あり、一般的に知られるのは食物アレルギーと花粉アレルギーです。食物アレルギーは食べ物を摂取することで起こるもので不快症状で収まるケースもありますが、場合によってはアナフィラキシーショックを起こして死亡に至る可能性もあります。花粉アレルギーはスギ花粉などで引き起こされるものですが、植物の種類によって起こる場合とそうでない場合があり、また周辺環境の状態によっても引き起こされることがあるものです。このほか身体に取り入れるもので起こすものもあり、薬などでも起こり得るもので注意が必要なものになります。

一方で現代の医療においてはアレルギー症状を緩和する薬が開発されており、症状を抑えることが可能です。このような薬は抗アレルギー薬と呼ばれるもので、多数の種類が流通しています。そのような薬のひとつがザイザルです。ザイザルは、レボセチリジンを主成分とする薬で、このレボセチリジンが体内に取り込まれるとヒスタミンH1受容体拮抗作用によって症状を改善することができます。そもそもアレルギー反応の主な原因は身体を構成する細胞に存在するヒスタミンによる作用で、かゆみや湿疹などを引き起こすものです。ザイザルの効果はヒスタミンの働きを妨げることで、症状を起こさせないようにするというもので、このため抗ヒスタミン薬とも呼ばれます。

ザイザルの効果はヒスタミンの働きを抑えることですが、どのような薬にも副作用があります。特にヒスタミンに作用する薬の場合に代表的な副作用では、眠気で服用すると眠くなる可能性があります。またアナフィラキシーショックが出る可能性もあるため注意が必要です。ザイザルの副作用も他の抗ヒスタミン薬を使った場合と同様ですが、それまでのものと比べて改善されているのが特徴です。ただし、誰にでも当てはまるものではなく副作用として眠気が出ることもあり注意しなければなりません。一方でザイザルのメリットは、持続時間が長く効果が長持ちすることです。持続時間はほぼ1日に及ぶため1日1錠の服用で済ませることができます。

関連記事
湿疹とは?放置して悪化する前に対処しよう! 2019年08月13日

花粉症の多くは、粘膜で起こるもので症状としても目や鼻が中心です。しかし、アレルギー自体は身体のどこで起こってもおかしくないもので皮膚にあらわれることもあります。皮膚であらわれる症状としては湿疹で、一過性のケースもありますが、悪化するリスクもあるためいつまでも治らないような場合には治療を受けることが大...

アレグラの主成分は○○○!効能や副作用についても解説! 2019年08月30日

世の中にはさまざまな抗ヒスタミン剤がありますが、いずれも共通していることはかゆみの原因となるヒスタミンH1受容体を機能させなくすることです。アレグラも、そのような抗ヒスタミン剤のひとつになります。アレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分としているヒスタミンH1受容体拮抗薬であり、その用途としては...

ザイザルを自宅でゲットする方法はこれだ! 2019年07月29日

花粉症などのアレルギー症状に効果があるのが抗ヒスタミン薬であり、病院でも盛んに処方されますし市販薬でも抗ヒスタミン薬が販売されており手軽に手に入れることができます。しかし、抗ヒスタミン薬のひとつであるザイザルに使用されているレボセチリジンを含む市販薬は販売されておらず、日本では病院で診察を受けた上で...

ザイザルシロップは赤ちゃんでも使える? 2019年07月14日

一般的にザイザルは錠剤で服用するものですが、飲みやすくするためにシロップ状にしたザイザルシロップも発売されています。あくまでも飲みやすくするためにシロップ状にしたものであり、効果は錠剤のものと変わりありません。ただし使用するさいに有効成分のレボセチリジンの含有量に注意する必要があります。ザイザルシロ...