• ホーム
  • 抗ヒスタミン薬のジルテックは効果あり?

抗ヒスタミン薬のジルテックは効果あり?

ジルテックは、主成分がセチリジン塩酸塩を含んだ第二世代の抗ヒスタミン薬です。ジルテックの適応はアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の発疹や湿疹などになります。ほかの抗ヒスタミン薬と同じで、作用としてはヒスタミンH1受容体拮抗作用によりアレルギー物質が結合するのを防ぎ、これによってアレルギー反応を起こさせないようするものです。これによりアレルギーで引き起こされるかゆみなどを防ぎ症状を改善することができます。日本ではアレルギー性鼻炎の薬として用いられますが、これ以外にも蕁麻疹や湿疹などのほかかゆみや皮膚炎などの治療に使われるもので、花粉症全般に対して効果を発揮するものです。

使用は成人は1日1回1錠と第二世代の抗ヒスタミン薬と変わりありませんが、服用タイミングは就寝前となっています。第二世代抗ヒスタミン薬はそれまでのものと比べて副作用としての眠気が少なくなっているのが特徴ですが、ジルテックに関しては副作用の眠気に関する注意が喚起されおり注意が必要です。このため自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けるように添付文書に明記されています。また他の薬と同様に飲酒を伴うとより副作用が強く出る可能性があるため飲酒後および服用後の飲酒には注意が必要です。

一方でジルテックに含まれるセチリジン塩酸塩を含んだ市販薬は販売されていません。このため国内で手に入れる場合には病院で診断を受けて医師に処方箋を書いてもらう必要があります。現状では、その他に優秀な抗ヒスタミン薬があるため効果はあっても費用対効果から見ればあまり使用されていない薬になります。特に1日1回1錠の処方で就寝前の服用とはいえ、副作用として眠気があることから日中にも十分な効果を得たいような花粉症の症状にはあまり効果的ではありません。

なお、ジルテックそのものは日本ではあまり利用されていない抗ヒスタミン薬ですが、その理由のひとつにザイザルの存在があります。主成分のセチリジン塩酸塩は、ザイザルの主成分であるレボセチリジンの元となるものであり、セチリジン塩酸塩に含まれる副作用の原因となる物質を分離したものが、レボセチリジンであるためです。このためセチリジン塩酸塩では強い効果を得られ治療にも高い効果を発揮しますが、眠気が伴うため実用的ではなく、その後に開発され副作用の眠気を抑えたレボセチリジンを含むザイザルが抗ヒスタミン薬として使用されています。

関連記事
最新の花粉症対策グッズに注目! 2020年02月01日

花粉症はもはや国民病とも言える状況にあり、このため毎年春先になればマスクや花粉症に対応する抗アレルギー薬がよく売れます。またこれら定番商品は毎年新製品が登場しており、多様な対策グッズも多く発売されているものです。それと花粉だけでなくより小さな微粒子であるPM2.5に対応できるグッズも販売されています...

花粉症を突然発症!?こんな症状が出たら注意です 2019年12月27日

アレルギーになる可能性は誰にでもあるもので、実のところ症状が出ていなくてもいつ発症するかわかりません。このため去年まで大丈夫だったのに、今年になって突然発症するということは珍しいことではなくよく見られます。この突然発症した時には、やく対処すれば花粉症の症状を悪化させずに済むこともあるものです。花粉症...

【アレルギー】花粉症の海外事情とは? 2019年11月17日

一般的に花粉症と呼ばれるものは時期的に花粉が飛ぶ時期に起こるものです。このため季節性アレルギーとも呼ばれます。ただし季節性とは言うものの植物の花粉は冬を除けば飛んでおり、人によってアレルギーを起こすものは変わってくるものです。日本では、特にスギ花粉による影響が大きいため時期的には本州では2月中旬から...

アレルギー治療薬のクラリチンはロラタジン配合 2019年09月19日

アレルギー治療薬にはさまざまな種類があり、多くの薬が販売されているものです。そのような数多くある抗ヒスタミン剤のひとつにクラリチンがあります。クラリチンは主成分にロラタジンを配合しているもので、このロラタジンは他の抗ヒスタミン剤と同じ働きを行いかゆみを抑えるものでヒスタミンH1受容体拮抗薬です。クラ...

アレグラの主成分は○○○!効能や副作用についても解説! 2019年08月30日

世の中にはさまざまな抗ヒスタミン剤がありますが、いずれも共通していることはかゆみの原因となるヒスタミンH1受容体を機能させなくすることです。アレグラも、そのような抗ヒスタミン剤のひとつになります。アレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分としているヒスタミンH1受容体拮抗薬であり、その用途としては...