• ホーム
  • 最新の花粉症対策グッズに注目!

最新の花粉症対策グッズに注目!

花粉症はもはや国民病とも言える状況にあり、このため毎年春先になればマスクや花粉症に対応する抗アレルギー薬がよく売れます。またこれら定番商品は毎年新製品が登場しており、多様な対策グッズも多く発売されているものです。それと花粉だけでなくより小さな微粒子であるPM2.5に対応できるグッズも販売されています。

花粉症対策の基本は花粉を吸い込まないことや粘膜に触れさせないことです。このためマスクがもっとも定番で、使い捨てのものが多く販売されています。しかし花粉症を防ぐためには花粉を吸わないことが必要で、通常のマスクでは隙間から吸い込むことになります。そもそもマスクにはその目的が2種類あり、ひとつは使用者が吸わないようにするものと、使用者の口から発せられる唾液などが外に出ないようにするためのものです。後者は衛生管理をする上のアイテムといえますが、花粉症に対しての効果は今ひとつです。このため花粉症対策として使用するのであればぴったりと密着し、かつ花粉を通さない性能がある必要があります。

ピッタリッチは、密着性を高めた高性能マスクで花粉はもちろん、PM2.5にも対応できるものです。高性能なぶん高価なものですが、ピッタリッチは使い捨てではなく再利用ができるタイプとなっています。花粉を水に変えるマスクは、フィルターに工夫を施しキャッチした花粉が再び飛散しないようにするものです。通常のマスクではフィルターに花粉が付いたままですが、花粉を水に変えるマスクであれば水に変えるので数日間の使用が可能です。
またダチョウの卵の抗体を利用したダチョウ力というマスクもあります。ダチョウ力では付着した物質を不活性化することで体内に取り込まれるのを防ぐものです。

一方でマスクをするわけにはいかない人のためにはイハダアレルスクリーンといった商品もあります。イハダアレルスクリーンは、鼻の周辺に塗布するかスプレーすることで、花粉やPM2.5といった微粒子を近づけないようにするものです。

また花粉症では鼻を洗浄することで症状が改善することがあります。鼻うがいそのものは生理食塩水を用いて行うものですが、これらを用意するのは面倒です。ハナノアは鼻うがいをするためのグッズで、ドラッグストアなどで売られているもので、洗浄危惧と専用洗浄液がセットになっています。またハナノアの専用洗浄液はミントの香りが付いているので爽快感も得られます。この他にも鼻の粘膜を収縮させることで鼻づまりを改善する点鼻薬スプレーも不快症状を改善することが可能です。

関連記事
花粉症を突然発症!?こんな症状が出たら注意です 2019年12月27日

アレルギーになる可能性は誰にでもあるもので、実のところ症状が出ていなくてもいつ発症するかわかりません。このため去年まで大丈夫だったのに、今年になって突然発症するということは珍しいことではなくよく見られます。この突然発症した時には、やく対処すれば花粉症の症状を悪化させずに済むこともあるものです。花粉症...

【アレルギー】花粉症の海外事情とは? 2019年11月17日

一般的に花粉症と呼ばれるものは時期的に花粉が飛ぶ時期に起こるものです。このため季節性アレルギーとも呼ばれます。ただし季節性とは言うものの植物の花粉は冬を除けば飛んでおり、人によってアレルギーを起こすものは変わってくるものです。日本では、特にスギ花粉による影響が大きいため時期的には本州では2月中旬から...

抗ヒスタミン薬のジルテックは効果あり? 2019年10月18日

ジルテックは、主成分がセチリジン塩酸塩を含んだ第二世代の抗ヒスタミン薬です。ジルテックの適応はアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の発疹や湿疹などになります。ほかの抗ヒスタミン薬と同じで、作用としてはヒスタミンH1受容体拮抗作用によりアレルギー物質が結合するのを防ぎ、これによってアレルギー反応を起こさせな...

アレルギー治療薬のクラリチンはロラタジン配合 2019年09月19日

アレルギー治療薬にはさまざまな種類があり、多くの薬が販売されているものです。そのような数多くある抗ヒスタミン剤のひとつにクラリチンがあります。クラリチンは主成分にロラタジンを配合しているもので、このロラタジンは他の抗ヒスタミン剤と同じ働きを行いかゆみを抑えるものでヒスタミンH1受容体拮抗薬です。クラ...

アレグラの主成分は○○○!効能や副作用についても解説! 2019年08月30日

世の中にはさまざまな抗ヒスタミン剤がありますが、いずれも共通していることはかゆみの原因となるヒスタミンH1受容体を機能させなくすることです。アレグラも、そのような抗ヒスタミン剤のひとつになります。アレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分としているヒスタミンH1受容体拮抗薬であり、その用途としては...